育毛剤は副作用を起こす、こんな言葉を聞いて育毛剤の使用に不安を感じていませんか。でも、本当に育毛剤は危険なのでしょうか。結論からいうと、育毛剤は安全性に配慮して作られています。

しかし、安全に使うためには育毛剤の選び方も重要です。では、どういった育毛剤に気をつければよいのでしょうか。

まずは育毛剤の分類を知る

このサイトでも何度も繰り返していますが、育毛剤には「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」の3タイプがあります。

医薬品は治療を目的とするものです。育毛剤の場合発毛を促して脱毛症を改善していくことを目的としています。

医薬部外品は予防を目的とするものです。薄毛や抜け毛を予防して頭皮環境や髪を健やかな状態に保ちます。

化粧品は清潔にする、健やかに保つといったことが目的です。清潔にしたり健やかに保つことで結果的に薄毛が改善することが期待できますが、積極的に発毛を促すものではありません。

では、安全な育毛剤とは?

注意が必要なのは医薬品の育毛剤です。医薬品育毛剤に配合されている成分は厚生労働省が認めた安全なものですが、高い効果を持っているためリスクがともないます。

育毛剤に配合される成分で気をつけたいものは、ミノキシジルとフィナステリドです。

ミノキシジルは毛包に直接作用をして、細胞の分裂やタンパク質の合成を促して発毛を促します。副作用として報告されているものは、フケ、かゆみ、めまい、頭痛などです。

フィナステリドは5αリダクターゼの働きを阻害してジヒドロテストステロン(DHT)を抑制します。DHTはAGAの脱毛部位で多く検出されている物質です。フィナステリドの副作用として報告されているものは、精液の質低下、肝機能障害、発疹などです。

ミノキシジルとフィナステリドは医薬品の育毛剤に配合されていて、医薬部外品や化粧品の育毛剤には配合することができません。医薬部外品と化粧品の育毛剤なら副作用のリスクが低いです。

医薬部外品育毛剤に配合されている成分

医薬部外品の育毛剤には有効成分が配合されています。配合される成分は次のようなものです。

センブリエキス

センブリエキスは血行を促進させます。血行が促されることで毛包に栄養が行き届き、それによって髪の成長が促されることが期待できます。古くから民間薬として使用されていて、育毛剤に配合されている量ではほぼ皮膚への刺激性はありません。

グリチルリチン酸

グリチルリチン酸は甘草から抽出される成分で、抗炎症作用があります。炎症を鎮めて頭皮を健やかな状態に保ちます。敏感肌用の化粧品にも配合されることがある成分です。

塩酸ジフェンヒドラミン

かゆみを抑える働きがあります。化粧水やシャンプーなど日用品に使用されることもある安全性が高いといえる成分です。

酢酸DL-α-トコフェロール

血行促進や炎症を抑える働きのある成分です。日焼け止めや肌荒れ防止化粧品に配合されることもあり、刺激性はほとんどありません。

このように医薬部外品の育毛剤には刺激が少ない成分が配合されています。

化粧品育毛剤に配合されている成分

化粧品育毛剤に配合されている成分には効果効能は期待できません。しかし、その分副作用のリスクは少ないです。配合される成分はヒアルロン酸、アミノ酸、植物エキス、海藻エキスなどです。これらの成分には保湿をする働きがあります。

低刺激性の育毛剤を選ぶ

アルコール、パラベン、紫外線吸収剤、香料、着色料といったものは肌に刺激を感じることがある成分です。これらは保存性を高めたり使用感をよくするために配合されています。

育毛剤に不安を感じる方は、アルコールやパラベンなど刺激を感じやすい成分を配合していない育毛剤を選ぶとよいでしょう。頭皮環境のことを考えて無添加の育毛剤が増えています。無添加のものは育毛剤にその旨が記載されているので確認をしてみてください。成分表を読むことでも確かめられます。

パッチテストをする

育毛剤の使用前にはパッチテストを行うことをおすすめします。

やり方

太ももや腕の内側など、皮膚が柔らかく目立ちにくい部位に育毛剤を1~2滴たらします。洗い流されないように入浴後に塗布するとよいでしょう。

24時間後の肌の状態を確認します。赤み、かゆみ、かぶれ、はれなどがでていたら使用を控えます。腕や太ものの皮膚の状態と頭皮の状態は違いますが、薄毛に悩む方の頭皮はデリケートになっていることが珍しくないので、腕や太ももに使用をして異常がでるようだと頭皮に使ったときにも異常が出る可能性があります。皮膚の状態に異常がでなければ使用可能です。

まとめ

育毛剤は安全に配慮して作られていますが、それでも使用に不安を感じる方もいることでしょう。

不安を感じる方は配合されている成分に気をつけてください。成分表をよく確認をして配合成分を確かめましょう。医薬品や化粧品の育毛剤は、皮膚刺激の心配がほとんどない成分を配合しています。そして、パッチテストをしてから使用をすれば安心できます。

おすすめの記事