育毛剤を使ってみようかなと、検討したことがありますか。実際に育毛剤を調べてみると、その数の多さに驚くと思います。

たくさんの種類が販売されているので、自分にあったものが見つかる可能性が高いのですが、あまりにも種類が多いとどれを選んだらいいのかわからなくなってしまいます。

では、自分にあった育毛剤は、どのように選べばよいのでしょうか。

中身も目的も違う、育毛剤は大きく3タイプに分かれる

育毛剤と呼ばれているものには、「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」の3つのタイプが存在します。

「医薬品」は治療を目的として薬で、厚生労働省が認めた有効成分が配合されています。医師が処方をするものとドラッグストアで購入できるものがあります。

「医薬部外品」は治療ではなく、防止や衛生を目的としたものです。厚生労働省が許可した有効成分が一定濃度配合されています。「薬用」は医薬部外品に認められた表記です。薬用と記載されていれば医薬部外品の製品になります。

「化粧品」は肌の状態を健やかに整える、清潔に保つといった働きがあります。治療や予防を目的としたものではありません。

高い効果が期待できるのは医薬品ですが、医薬品は副作用が心配されます。医薬品の育毛剤に配合されることのある成分がミノキシジルですが、ミノキシジルは頭痛や吐き気などの副作用が報告されています。また、フィナステリドが配合されている育毛剤は、男性機能障害のリスクを高める恐れがあります。フィナステリドには男性ホルモンの一種であるDHTを抑制する作用があり、それにより勃起不全や精子の減少などの副作用を引き起こします。

こういった副作用の心配があるので医薬品を購入する際には十分に注意をしましょう。

男性用か女性用か

育毛剤には、男性用、女性用、男女兼用の3種類があります。男性と女性の薄毛の原因は違います。

男性型脱毛症(AGA)は男性ホルモンの一種DHTが関係をしています。女性も男性ホルモンが少量分泌されていますが、男性ほどではありません。DHTは胸やヒゲに対しては毛の成長を促して毛を太く濃くするのですが、頭頂部や前頭部に対しては毛の成長を抑制して毛を細くする指令を出すため、薄毛を進行させます。男性用の育毛剤には、このような作用を持っているDHTを抑制する成分を配合しているタイプが多いです。

女性の薄毛の原因は、無理なダイエット、出産によるホルモンバランスの乱れ、頭皮環境の悪化などです。これらに対処するために、栄養補給をする、頭皮を保湿して頭皮環境を整えるといった働きを持つ成分が女性用育毛剤には配合されています。

男性と女性の薄毛の原因は違うので、男性と女性で育毛剤を分けて使用をします。

無添加の育毛剤

育毛剤には薄毛改善をサポートするような成分が配合されている一方、頭皮にダメージを与える成分も配合されていることがあります。
頭皮に刺激を与えやすい成分が、香料、着色料、パラベン、アルコールなどです。こういった成分は、使用感をよくしたり、製品を長持ちさせるために配合されています。

髪を育てているのは頭皮なので、薄毛対策には頭皮環境を整えることが大切です。頭皮に刺激を与えるような成分が配合された育毛剤は望ましくありません。こういった成分で頭皮トラブルを起こす方もいます。

保湿成分配合

頭皮環境を整えるために行いたいことの一つが保湿です。頭皮が乾燥をするとフケが増える、かゆみがでる、これ以上の乾燥を防ぐために皮脂分泌量が増える、といったトラブルがでてきます。頭皮環境を整えるためには保湿ケアが重要になります。

代表的な保湿成分としては、ヒオウギ抽出液、サンザシエキス、海藻エキス、ヒアルロン酸、アロエエキスといったものがあります。この他の保湿成分を配合している育毛剤も存在します。

自分の薄毛タイプにあった育毛剤

男性の薄毛の原因で多いものがAGAですが、その他に血行不良や栄養不足が原因で抜け毛が増えてしまう場合があります。その場合は、血行不良や栄養不足に対処するケアが必要です。

体が冷えやすいという方は血行不良を起こしている可能性があります。頭皮や髪に影響が行き届かなければ髪の成長は望めません。血行促進タイプの育毛剤は、血流を促すことで頭皮や髪に栄養を行きわたらせ、それによって薄毛対策をサポートします。血行促進をサポートする成分としては、イチョウ葉エキスやセンブリエキスなどがあります。

髪の成長にはタンパク質、亜鉛、鉄分などさまざまな栄養素が必要で、栄養が不足をすれば髪に影響が表れます。まずは食事の見直しをしてしっかり栄養を摂ることが大切ですが、育毛剤なら頭皮からダイレクトに栄養を届けることができます。栄養補給タイプの育毛剤成分としては、アミノ酸、ビタミンB2・B6、海藻エキスといったものがあります。

まとめ

育毛剤といっても医薬品か医薬部外品か化粧品か、どういった成分を配合しているのかなど、さまざまなタイプがあります。薄毛対策のためには自分にあった育毛剤を選ぶことが大切です。ここで紹介したことを参考にして、自分にあった育毛剤を見つけてみてはどうでしょうか。

おすすめの記事